TOEICテストはテンポ良く解答することが重要

試験免除や応募条件に用いられています

TOEICとは、国際的に認知されている英語試験になります。マークシート形式のリスニングとライティングの二つの試験から成り立っており、受験者の正解数や傾向などによって点数が決定される試験です。出題されるテーマも日常生活からビジネスシーンまで様々なテーマが用意されているので、総合的な英語の能力が求められます。英語能力を幅広く把握することができるため、TOEICの試験結果に対して大学や企業でも関心が高まっています。大学では受験時の英語試験の免除が行われ、企業では応募時の条件に一定の点数以上が指定され、昇進する際の条件にもなっています。このため、受験者も学生から社会人まで幅広くおり、試験の開催も主要都市にて頻繁に行われています。
TOEICの対策として多くの方が利用しているのが、公式の問題集です。公式の問題集はTOEICを運営している団体が販売しているので、試験と同様の問題も多く掲載されており、実際の試験と同じ状況で勉強することができます。特に公式の問題集が優れている点は、解説について細かく説明が行われ、覚えるべき単語や文法についても記載されているので、効率良い点も魅力となっています。また、対策として時事問題も取り上げられることから普段からニュースなどをチェックし、時事問題に対しても興味を持つことが求められます。

TOEICテストの点数基準

日本で英語力を測るものさしはTOIECが一番メジャーだと言えます。TOEICの点数が基準となることが多く、点数によってレベル判別がされます。
実際にどのくらいの点数でできるできないと判断されるのかですが、一般に600点が基準かなと思います。
最低でも600点あると、そこそこ英語ができる人なのかなというイメージがありますし、履歴書にも書いていいと思います。
ですが、目指す仕事によっては高い点数とは言えないので、英語を使う仕事を考えている場合はその会社の基準点数やそれ以上の点数を書くことをオススメします。
日本の会社、外資系で語学力を必要とする場合は700点以上、もっと専門的な場合(海外支社での勤務や通訳、マネジメントなど)は800点以上を求められると考えておいた方がいいでしょう。
TOEICはリスニングとリーディングからなり、それぞれ100問の問題に答えていきます。時間も2時間という長丁場なので、集中力が鍵となります。日本語が流れることは一切なく、全て英語なので、読むスピードが勝負です。特にリーディングはテンポよくこなしていかないと時間内に終わらないです。従来はテクニックで解けると言われていましたが、それも段々と難しくなりそういう問題ばかりではなくなったため、とにかく日頃から英文を読み、語彙力と読むスピードをつける必要があります。