TOEICは日本人や韓国人向けに作られている

TOEICは日本人と韓国人で9割

英語の試験で誰しもが聞いたことのあるTOEICは就職や昇給や単位取得などにも使われる試験です。TOEICは英検と違って全世界60ヶ国以上で受験できる国際的な試験で、すべて英分のみで構成され、文化的背景知識で点数が変動しないように作られています。点数も全部間違っていても5点、どんなにあっていても990点になるように作られています。国際的な試験なのですがなんと受験者のうちの9割はなんと日本人と韓国人で占められています。知っていましたか?本屋のTOEIC対策コーナーには日本人や英語圏の著者はもちろんのこと韓国人の著者がちらほら見受けられるのはこのことです。そもそもなんでTOEICはこんなにも偏りがあるのでしょうか?その昔、より細かく英語のレベルを知りたかった企業が国際機関に要望して日本人向けに作られたのが由来です。それにお隣の国である韓国人が加わった形です。それが原因で今でも日本人と韓国人が多く占めています。ということはどういうことかというとTOEICは日本人(韓国人)のためにテストを作る。即ち日本人の弱点をつくような問題が数多く出題されるように作られています。この知識を知っているだけでもTOEIC対策をしてるといっても過言ではないくらいです。

TOEICと海外での就職率

日本人の英語力を証明する手段としてTOEICがあり、学生のうちから点数を上げるための教育が実施されています。日本人の世界における英語力を底上げさせるには、TOEICで700点以上は目指していくことが大事です。さらに海外で仕事がしたい人にとっては、聞くことと話すことの2つに秀でた条件が求められます。TOEICはひとつの数値であることを認識し、総合的な英語力を鍛える訓練をさらに継続することが大切です。
具体的にTOEICの魅力に迫りますが、日本国内においては就職に確実に有利となります。海外とは異なり英語に求められる力が基礎的な内容が多いということが理由であり、TOEICでの点数はプラスへ働きます。若者が英語を学ぶきっかけにTOEICは役立っており、自らのビジネスチャンスを拡大させるツールとしては大事な内容を示します。初めて学習する人においては、敷居が高いイメージがありますが、入門者レベルとされる参考書を勉強することで450点は取得できる道が開かれます。徐々にTOEICの仕組みに慣れれば、最高点の990点に近い環境が現実のものとなってきます。
まとめれば英語をマスターしておけば、今後の人生は非常に有意義となります。