公式問題集で必ず予習復習

TOEICの公式問題集

TOEICの勉強方法はまず、公式問題集を買うことから始まります。公式問題集と言うのはTOEICの開発機関が出版している問題集になります。サイズも大きく割高なので、初めて買う方少しためらわれるかもしれませんが、これはTOEICを受ける人の中ではバイブルと呼ばれている問題集です。なぜそれほど人気があるかというと、まずその試験の形式が本番の試験に酷似しているためです。他のTOEIC用の模試問題集は、どんなに本試験に似せていても、やはり何らかの違いがあります。ですが、この公式問題集はTOEICの開発機関が出しているだけあって、その形式は本試験と全く同様のものになります。また、大きな特徴として、この公式問題集のリスニングパートのナレーターは本試験のナレーターと同じ人物であることが挙げられます。本試験では数名の国籍と性別を異にするナレーターが順番にリスニングパートを朗読します。その同じ人物が公式問題集のリスニングパートでナレーターをしているのです。ですから、公式問題集で耳を慣らすことで、本試験でもスムーズに聞き取りをすることができるのです。このように公式問題集はTOEICの本試験を受けるにあたって、とても重要な問題集となります。TOEICを何度も受けて高得点をとっている人たちの中には、この公式問題集だけを何度も繰り返すという学習を続けている人もいます。

TOEICの勉強方法

TOEICの勉強方法としてはまず、公式問題集を何度も解くことが重要になります。公式問題集はTOEICの開発期間が出版している唯一の問題集てあり、他のTOEICの問題集とは一線を画しています。公式問題集は問題の質も本番の試験とほぼ同様であり、またリスニングパートを本番の試験と同じナレーターが朗読しているため、試験に向けて耳をならすことができます。そのため、TOEICで高得点を狙うために有効な勉強方法は、公式問題集を何度も繰り返すことです。間違えた箇所をピックアップし、なぜ間違えたのかを考えながら、解いていくことが必要です。単語についても、TOEICでは同じ単語が何度も出題されるので、公式問題集で出た単語を覚えることは重要です。また、リスニングパートでは、問題文が朗読される前に、問題用紙に書いてある問題と選択肢に目を通すことが大切です。そして、ある程度、何が質問されるのかを頭に入れておいてから、英語の朗読を聞き、回答していくということを繰り返すことが大切です。このリズムを崩さないように問題を解いていく練習をする必要があります。リーディングパートでは、近年難化が進んでいるので、時間内に全部の問題を解けないこともあります。そのため、時間配分を事前に決めておくことが大切です。