TOEICのランク分け

英語の力量で重要視されるのはTOEIC

最近は小学校から英語の授業を行い語学がとても身近に、そして実際に社会に出て必要になる機会が増えるものと認識されてきました。そして就職ではTOEICの点数が高ければ高いほど大きな武器になり、自身が目指せる会社の数もそれに比例していくことになります。ですから常日頃から英語力を磨いて点数という目に見える形で実力をアピールできるのなら、進学や就職はもちろんそのあとも実際に役に立つものになるわけです。
TOEICのテスト内容はリスニングとリーディングという二つの区分あって、それぞれの合計が最終的な点数となります。聞く力と読む力が点数アップの鍵を握っていることから、対策としてはネイティブの英語音声を聞いたり単語や熟語を頭にインプットしたりしなければならないのです。TOEICは600点前後が英語に秀でていると評価されるラインなので、試験を受けるのでしたらまずは600点を超えることが目標になります。
まずは自身の能力がどの程度かを見極めて、そこからどう勉強したら良いかを変えていきましょう。模擬試験の冊子を購入し実戦形式でやってみて採点しつつ、どこが弱点か把握してそれを克服するための勉強法を考えることがTOEIC対策の基本です。試験はすべてマークシートということもあり、わからなくてもとりあえず埋めておくことを忘れないように心がけましょう。

TOEICの試験内容

TOEICとは英語を母国語としない人を対象とした国際コミュニケーション英語能力テストのことで進学、就職の際に英語力を示す1つの指標となります。他にも英検やTOEFLといったテストもありますが、知名度的には英検とTOEICが高く、TOEICが現在主流となりつつあります。
ちなみにTOEICは集中力、反応速度が重視され判定項目としてはリスニングとリーディングとがあります。問題は200問とかなりの分量でリスニングとリーディングが各100問で試験の時間はリスニング45分、リーディング75分と設定されています。
リスニングテストの内容は写真描写、応答、会話、長文などで構成されていてリーディングは文法語法、空所穴埋め、シングルパッセージ、ダブルパッセージといった構成となっています。英語力がモノを言いますがTOEICの試験対策をして試験を受けるのと実力で受けるのとでは大きく点数が異なることから様々な教材や試験の為のコースが開講されています。
ちなみにTOEICを履歴書に書く場合は600以上が目安で730点がB判定最低値、800点、860点がA判定最低値と言われていて900点以上ではプロレベル評価値と判断されます。

TOEIC指導において全国最優秀校の講師陣が正しい学習法の伝達をし、スコアの保証制度で得点アップへの強力なサポートをいたします。 「正しい英語の学習法」を身につけることによって、受講生は確実に得点アップを実現しています! 1993年創立以来の圧倒的実績! 当校周辺にはコンビニエンスストア、飲食店も充実しているからお昼休憩も不自由しません。 【エッセンス】TOEIC指導で全国優秀校に選ばれたイングリッシュスクール